外壁リハビリシステム詳細

シール工法

コンクリートやモルタルなどのひび割れを硬質エポキシ樹脂や可とう性エポキシ樹脂などでシールする工法です。

シール工法

1. ひび割れ部の清掃

2. シール材の塗布・仕上げ

Uカットシール材充てん工法

コンクリートやモルタルなどのひび割れをダイヤモンドカッターなどでU字型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充てんする工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにも追従します。

Uカットシール材充てん工法

1. Uカット

2. 清 掃

3. プライマー塗布

4. シール材充てん仕上げ

施工事例

シリンダー工法

ボンドシリンダー工法(自動式低圧樹脂注入工法)

低圧、低速でひび割れにエポキシ樹脂を注入する工法です。ひび割れの幅によって粘度の異なるエポキシ樹脂を使用します。ひび割れを塞ぐことにより、躯体内部に劣化因子が侵入するのを防ぎます。

シリンダー工法

1. ひび割れ部の確認・マーキング

2. 下地処理

3. 座金の取付け・ひび割れ部シール

4. 注入(シリンダー取付け)

5. 硬化養生

6. シリンダー・座金・シール材の除去

7. 仕上げ

施工事例1

施工事例2

エポキシ樹脂モルタル充てん工法

鉄筋の発錆などによって、コンクリートがひび割れたり、欠落しそうな部分は、建物の構造上の欠陥となる場合があり、危険度も高くなります。そのような欠損部・鉄筋爆裂部については、劣化部分をはつり落とし、鉄筋を防錆処理した後樹脂モンタル(エポキシ樹脂系・ポリマーセメント系)で補修します。

1. はつり出し・発錆部処理(撤去)

2. 清掃

3. 防錆プライマー塗布

4. 充てん仕上げ

エポキシ樹脂モルタル充てん工法
エポキシ樹脂モルタル充てん工法

施工事例

ポリマーセメントモルタル充てん工法

鉄筋の発錆などによって、コンクリートがひび割れたり、欠落しそうな部分は、建物の構造上の欠陥となる場合があり、危険度も高くなります。そのような欠損部・鉄筋爆裂部については、老化部分をはつり落とし、鉄筋を防錆処理した後樹脂モンタル(エポキシ樹脂系・ポリマーセント系)で補修します。

1. はつり出し・発錆部処理(撤去)

2. 清掃

3. 防錆プライマー塗布

4. 充てん仕上げ

施工前
施工後

施工事例

ピンニング工法

ボンドピンニング工法(アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法)

モルタル壁面やタイル壁面が躯体コンクリートから浮いている場合は、エポキシ樹脂注入とステレンス製アンカーピンを併用し、剥落を防止します。

1. 浮き部の確認・マーキング

2. 注入孔穴あけ

3. 清掃

4. エポキシ樹脂注入

5. ピンの挿入

6. 養生

7. 仕上げ

モルタル面

モルタル面

タイル面

タイル面

施工事例

タイル張替え工法

タイルのみが浮いている場合などに、外壁タイル用接着剤を使用し、タイルを張替えます。

1. タイル除去

2. 下地処理

3. 接着剤塗布

4. タイル張付け

5. 養生

6. 目地セメント仕上げ

施工事例

カーボピンネット

概略

カーボピンネット工法(外壁複合改修構工法)

特殊ネット、炭素繊維配合のポリマーセメントモルタルにて頑固な剥落防止層を形成し、その層を開脚式アンカーピンにて下地に固着させ、モルタル層やタイルの剥落を防止します。

カーボピンネット

1. 下地表面処理

2. プライマー塗布

3. 中塗り(1回目)

4. VMネット張付け

5. アンカーピン固着

6. 中塗り(2回目)

7. 上塗り)

8. 養生

詳細

工法フローチャート

工法フローチャート
塗装仕上げ

塗装仕上げ

タイル張り仕上げ

タイル張り仕上げ

施工手順

施工手順

クリア

クリアピンネット工法に関する資料は現在準備中です。

お手数ですが、詳しくは当社へ直接お問合せ下さい。
お電話でのお問合せ 072-443-3301
メールでのお問合せはこちら
会社名
有限会社 センシュウ
住所
〒596-0808
大阪府岸和田市三田町233-6
SGビル
電話番号
072-443-3301
メールでのお問合せはこちら